神戸市長からご挨拶

神戸市長 久元喜造

企業の皆さまへ神戸医療産業都市をご紹介します

神戸市長の久元喜造です。

 神戸医療産業都市は、構想から15年を経て、進出企業も300社に近づくまでに成長しました。本クラスターでは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いた世界初の臨床研究など、国内のみならず海外も注目する数多くのイノベーションを生み出しており、今後さらなる発展が見込まれています。

 医療分野のビジネスに取り組まれる企業の方にとって、本市は最高の立地環境をご提供することをお約束します。

 わが国最大規模に成長したクラスターは、ビジネスにおける新たなネットワーク作りに最適です。また、定期的に開催されている「クラスター交流会」では、研究者・企業関係者からの最先端の情報収集や、ビジネスマッチの場としてご活用いただけると思います。

 実際にご進出された企業の代表者の方のメッセージからも、神戸でのビジネスチャンスを感じていただけることと思います。

 本市は、阪神・淡路大震災に見舞われながらも、市民の皆さん、企業の方々、行政が力を合わせ、力強い復興と発展を遂げてきました。この神戸医療産業都市は、復興と発展の象徴となるプロジェクトであると同時に、21世紀のわが国の産業を牽引していくプロジェクトでもあると自負しています。

 今後、この地から世界に貢献できる先端的な医療技術を発信していくことによって、市民福祉の向上や、アジア諸国をはじめとする世界各国の医療水準の向上を図ります。

 そして、輝ける未来創造都市・神戸の実現に向けて、全力で取り組んでまいります。

久元喜造 サイン

イベントカレンダー
進出企業・団体数 資料請求・お問い合わせ パンフレットダウンロード メールマガジンのお申込み
ページトップへ戻る