神戸医療産業都市 企業誘致のご案内 > 神戸医療産業都市とは

神戸医療産業都市とは

基礎研究から臨床応用(トランスレーショナルリサーチ)、産業化までの一体的な仕組みづくりを行っています。

概 要

現在、「神戸医療産業都市」には「先端医療センター」「理化学研究所 多細胞システム形成研究センター(CDB)」「神戸臨床研究情報センター(TRI)」「理化学研究所 スー パーコンピュータ『京』」などの研究機関や施設が稼動、さらに神戸市の基幹病院である中央市民病院の周辺には「神戸低侵襲がん医療センター」など、高度専門病院群の集積が進んでいます。これら先端的な研究機関や、多数の企業・団体の相互連携により、医薬品、再生医療、医療機器などの臨床応用・実用化を図っています。

神戸医療産業都市 紹介動画

神戸医療産業都市の概要やインフラ環境、支援内容等を動画で紹介します。


神戸医療産業都市のねらいと中核機能

場所

神戸医療産業都市の中心地にある「医療センター駅」まで、神戸の中心・三宮からはポートライナーで12分、神戸空港から5分の距離です。新幹線の場合、新神戸駅からはタクシーで約17分、三宮から大阪まではJR新快速で約20分、京都までは約50分と、極めて至便な場所に位置しています。

交通アクセスについて、さらに詳しく知りたい方はこちら

ロゴマークのご紹介

神戸医療産業都市のシンボルマークは、 ポートアイランドの形、そして神戸の地域力である「都市インフラ」、「文化」、「自然」、「人」「企業」「行政」の6つの「神戸力」を、六角形に象徴してデザインされました。

イベントカレンダー
    2017年10月
    « 9月   11月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • カレンダー説明
進出企業・団体数 資料請求・お問い合わせ パンフレットダウンロード メールマガジンのお申込み
ページトップへ戻る